HOME>トピックス>法的な処置を行うことで減額を希望することが出来る

任意整理とは

男性

払えなくなった借金に対し金額を減らしてもらうと言った対策を行う方法を債務整理と言います。法的に行うもので、場合によっては裁判所を利用すると言ったことも有り得ます。名古屋で行う債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産が考えられます。任意整理とは債権者との話合いが必要になり、債権者が納得した金額での借金返済と言う方法です。基本的には、利息を少なく支払うことが多くなり大幅な金額カットは望めない方法です。

個人再生と自己破産

男性弁護士

名古屋で行う債務整理の個人再生になると、借金を最大で90%まで減額することが出来ますが、裁判所が認めることが必要になります。裁判所が認めた場合には、残った金額を3年ないし5年間で返済することになります。そして自己破産は裁判所から免責許可をもらえた場合、借金がゼロになる方法です。裁判所へ書類提出などの面倒さがあり、個人での処理は難しいとされています。そのため多くの人は弁護士と相談することが多く、弁護士に一任すると言ったパターンが一般的となっています。いずれの方法を取ったとしてもブラックリストに載せられることになり、5年間は金融機関などからの融資はされなくなります。同様にクレジットカードなどの利用も出来なくなると言う不便さを生じてしまいます。

広告募集中